神戸ファッション美術館にて特別展「原田治展『かわいい』の発見」が開催!!

アート・カルチャー
ⓒ OSAMU HARADA/KOJI HONPO

7月3日(土)より、神戸ファッション美術館にて特別展「原田治展『かわいい』の発見」が開催される。70年代後半から90年代にかけて爆発的人気を博した「OSAMU GOODS」の生みの親、原田治の作品や資料が展示される。

開催概要

  • タイトル         原田治展「かわいい」の発見
  • 会場     神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2の9の1)
  • 電話 078・858・0050  ファックス078・858・0058
  • 開催期間         2021年7月3日(土)~2021年8月29日(日)             ※新型コロナウイルスの影響で変更の場合があります。
  • 休館日    月曜日、8月10日(ただし8月9日は開館)
  • 開館時間      10時~18時(入館は17時30分まで)
  • 観覧料      一般1000(800)円、大学生・65歳以上500(400)円、高校生以下無料    ※神戸市内在住の65歳以上の方は無料    ※カッコ内は有料入館者30人以上の団体料金        ※小学生以下は保護者(大学生以上)の同伴が必要        ※神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)で割引
ⓒ OSAMU HARADA/KOJI HONPO

■原田治プロフィール
東京生まれ。多摩美術大学デザイン科卒業。1970年、当時創刊された「an・an」でイラストレーターとしてデビューすると、1976年、「マザーグース」を題材にしたオリジナルのキャラクターグッズ、「OSAMU GOODS」の制作を開始、女子中高生の間で大人気となる。1984年、ミスタードーナツのプレミアム(景品)にイラストを提供、以降シリーズ化され一世を風靡する。1997年、イラストレーターを養成する「パレットクラブスクール」を築地に開設。

タイトルとURLをコピーしました