山口幸士の新作個展『余白の記録』Ginza Sony Parkにて開催!!

アート・カルチャー
山口幸士 新作個展『余白の記録

何気ない日常の風景を描く画家の山口幸士氏の個展『余白の記録』が6月12日(土)よりGinza Sony Park 地下1階で開催される。また、それと同時に、Ginzj Sony Park周辺をモチーフに描いた新作の中から10作品以上を、園内各所に常設展示する。

抽選方式で作品の購入も可能となっており、会場に設置されているプライスリストから確認できる。作品詳細の横にあるQRコードをスマートフォンで読み込み、抽選に応募したのち、抽選に選ばれた方には後日メールが届くようになっている。

新作個展 限定展示作品

個展概要

山口幸士 新作個展『余白の記録』 開催概要期間:2021年6月12日(土)〜6月22日(火) 11:00~19:00
場所:Ginza Sony Park 地下1階/B1

ART IN THE PARK 山口幸士『余白の記録』

常設展示作品

山口幸士/KOJI YAMAGUCHI/
1982年神奈川県生まれ。街を遊び場とするスケートボードの柔軟な視点に強く影響を受け、日常の風景や身近にあるオブジェクトをモチーフにペインティング、ドローイング、コラージュなど様々な手法を用い独自の視点に転換。2015年から3年間、ニューヨークでの活動を経て現在は東京を拠点に活動している。

タイトルとURLをコピーしました